hcclogologo

 

Vol.9 Presenter

■基本情報

枡本さん写真

 

 

■発表者

エデュ将棋教室 枡本 秀男 さん

■タイトル

「将棋」で社会問題の解決にチャレンジ!

史上最年少の天才中学生棋士、藤井聡太四段の活躍が話題となっていますが、それほど将棋というゲームには魅力が詰まっています。

 幼少期においては、社会に出た時に役立つ自制心や忍耐力などの非認知能力の向上、また、記憶力や計算力のアップによる学力の向上、3世代家族間のコミュニケーションツールとしても一役買い、高齢者の認知症予防のための脳トレツールにもなります。

 また、けん玉や折り紙などに見られるように、クールジャパンアイテムとしても注目されており、今後インバウンド系ビジネスとしての活用も充分見込めます。

■ホームページ・Facebook

http://tensaikidsacademy.wixsite.com/oyakoschool

https://www.facebook.com/oyakotensai/

■取組期間・略歴

 2011年からヤマダ電機こども将棋教室や宮島工業高校囲碁将棋部の講師を担当。

 2016年 20年間勤めた会社を退職し「エデュ将棋教室」を開設。現在に至る。

 

 

枡本さん写真2

■取組コンセプト

 「人生で大事なことは将棋から学べる」

 「将棋は成功体験と失敗体験、そしてシミュレーションまで出来る最高の能力開発ツールである」

 一般的な将棋教室、娯楽文化に留めず、子供から大人まで能力開発向上を図れる「将棋式能力開発法」として、このノウハウのコンテンツ化、事業化に取り組んでいる。

 将来的には、このスクールをフランチャイズ化して、将棋とともに、将棋式能力開発法を世に広め、コンピューター社会で生き抜く人間力を身につけるための助力になることをビジョンに掲げている。

 

■プレゼン内容

  •  エデュ将棋について
  •  現在の取組内容について 
  •  今後のビジョンについて

枡本 秀男 さんからのメッセージ

Hiroshima Creative Cafe で得たいこと

 将棋には魅力がたくさん詰まっているのに、それが世間にうまく伝わっておらず、すごくおしいなと感じています。将棋の伝道師として、広くアピールし、将棋がどのような形で社会貢献出来るのか、その可能性や具体的なご意見などを皆様と交換できればと思います。

 今後はそろばんや書道教室のように、どこの町にも将棋教室があって当たり前という状況にして行きたいと考えております。また国内はもちろん、世界にも展開して行きたいと考えていますので、そのためのご意見やご提案を頂き、その後の人脈形成につながれば幸いです。