hcclogologo

 

Vol.11 Presenter

■基本情報

永見さんPF写真

 

■発表者

整体&健康塾らくしんかん 永見 保浩 さん 

■タイトル

自分のカラダに無理なく気づき・対話する健康塾  

“らくしんかん”は自然に無理なく添いながら、愉しく気持ち良く各自の心身を育くむ“からだ育て”の整体と健康塾です。
人間だれしも病気になりますが、一方では自ら治っていこうとする自己治癒能力も持っています。“整体”というと他の療術や医療と同じく“寝て受けるだけ”と見られ、他人任せの姿勢になり、自己の心身を自身で省みる姿勢を失っていきます。弊処では長年培われてきた整体の智慧や身体操法をベースに、どなたにも優しい健康体操や和ヨガ・ストレッチ他、多彩な健康運動メニューを用意しています。自ら体験し気づき、気持ち良さを感じながら自然治癒能力に働きかけ、元気を取り戻していく過程を応援する健康塾です。

 

■ホームページ・Facebook

HP:http://rakushin-seitai.com

ブログ:http://ameblo.jp/rakushin-seitai/

 

 

永見さんPF補足写真

■取組期間・略歴

1997年、故岡島瑞徳先生に野口整体を学ぶところからスタート。約20年間整体の研鑽をはかり、東日本大震災では被災地にて3年以上の期間1,000人以上に整体ボランティア活動を行う。2016年10月広島に戻り、整体&健康塾らくしんかんを開設する。

■取組コンセプト

自身の不調は“自らの気づき”と“自己の治癒能力”に働きかけていくことが、自然に無理なく元気を取り戻すための大切なプロセスです。弊処では“手あて”を基本に受ける方の身体奥深くに響く整体操法のほか、自ら元気を取り戻すための“学び”と、気持ち良さを実感できる“実践の場”を交えた“健康ワークショップ”を用意して各自の心身の問題に向き合っていきます。既存の医療等への依存から離れ、自ら元気になっていく喜びを得る事を応援していきます。

■プレゼン内容

  • “整体”を通じて皆さんが持っている“健康観”を見直していただきたい。
  • ミニワークショップを通じて、自身の身体の状態に気づき、ワークを実践して快感を得ながら身体が良くなる実感を体験してもらいたい。
  • 弊処の考え方に基づいた“ワークショップ&健康教室”の普及を目指したい。

■整体&健康塾らくしんかん 永見 保浩 さんからのメッセージ

Hiroshima Creative Cafe で得たいこと

ウチは“治すだけの整体屋”ではありません。積極的に自身の心身に向き合い、自ら気づき・学び・実践を通じて、気持ち良さと身体が良くなっていく実感を通じ元気を取り戻す過程を応援しています。弊処では健康塾として各自の状況にあわせながらもシンプルでベーシックなものを提案して皆様の健康で幸せな人生づくりを応援していきます。多くの人に普及し地域にも拡げていきたいのですが。残念ながら現在は個人運営の故、普及や認知度が極めて低いのが現状です。今回はご趣旨を理解のうえ、関心を持つ方や体験希望者の応募、また広く普及するにはどうすれば良いか、ご意見等を賜れば幸いに思います。