hcclogologo

 

Vol.2 Presenter

■基本情報

funaki-01

■発表者   舩木いつかさん

■タイトル  ネイルの世界

数年で消える職業にノミネートされた職業のネイリスト。ネイリストでありながら,日常においては爪は飾る必要はないと考えるいつかさん。しかし手を清潔にしておくことは誰しもが必要ではないかと提案する。 ネイルを通じた空間づくり,新たなニーズを作りだすことを使命に現在の活動や来年新たに挑戦することを発表します!

■ホームページ・Facebook

http://itsuka-nail.com http://nailfive.com

■取組期間・略歴

3年以上・ネイリスト歴14年

■取組コンセプト

日本のネイルをもっと文化的に,「ネイルは一番身近なアート」として楽しまれていてほしい,そんな想いのもと取組を行っています。

 

■プレゼン内容

  •  あと数年で消える職業にノミネートされたネイリストの職業とは
  •  入社し2016年1月からスタートした“ネイルスポット NL5(ネイルファイブ)”の活動
  •  起業し2017年4月からスタートする新店舗への参入,そこで新たにできること

■舩木いつかさんからのメッセージ

Hiroshima Creative Cafe に期待すること

来年春,広島市西部に誕生する「LECT(レクト)」への出店が決まっています。

これまでのネイルサロンとは違うサロン空間を生み出すため,国内外から注目を集める建築家,谷尻誠氏・吉田愛氏率いる「SUPPOSE DESIGN OFFICE」の協力の下,空間デザインの面からもアプローチし,広島にはなかった全く新しい空間づくりにチャレンジします。

そして,誰もが行きたい時にいつでも立ち寄れる場所に,ネイルの持つ力で,暮らしを楽しくするプロジェクトを行います。

私の取組を通して,まだまだ“装飾”的な側面が強いネイルを文化的に人々の生活に根付かせていきます!

私の取組の発展に向けたご意見やアドバイス,主にオープンへ向けてのブランディングや,独自ブランドの商品開発,店舗運営に関する情報提供やご協力をいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

■取組内容・今後の展開(Hiroshima Creative Cafe the Bookより)

ネイルアートより もっと手を清潔に

funakiituka2

あと数年で消える職業にノミネートされた“ネイリスト”。ネイルアートといえば、爪に色を塗り、柄を描いたりラインストーンやラメなどで飾ったりと装飾的な側面が強く、生活とかけ離れたものという印象が強い。しかし、“爪切り”はどうだろう?舩木さんはネイリストでありながら、「日常生活を送る上で、爪を飾る必要はない」と言う。「でも、手を清潔にしておくことは必要ではないだろうか」と提案している。
(中略)
「事例のないことですから、正直、不安だらけでした。でも、Hiroshima Creative Cafeで自分の考えを皆さんの前で発表して覚悟が決まりました。私と同じように新しいことに挑戦する方々の姿を見て、私にもできる!と勇気をもらいました。ネイルアートの印象をがらりと変えていきたい。」新たなプロジェクトに向かう、熱のこもった瞳が印象的だ。

~インタビュー内容全文は平成29年3月発刊のBOOKでご紹介します!~