表紙写真

2018.3.29 発刊

ダウンロードはこちら

 

HCC BOOK vol,3表紙-1

2019.3.29 発刊

ダウンロードはこちら

 

Hiroshima Creative Cafe THE BOOK Vol.3登壇者紹介

01

弓道の魅力と可能性を広島から放つ

広島弓道会(広島弓道商会)

  • 金 憲司
  • KIN KENJI

【My Creative】

  • 未経験者の日本人や外国人旅行者を対象に、弓道を気軽に楽しめる一日体験教室を開催し、観光+弓道体験のモデル確立につなげる
広島弓道会(広島弓道商会)

弓道歴20年、競技での入賞歴多数。2018年に訪日外国人旅行者や日本人の未経験者を対象とした弓道体験を開始。

平和と幸運の弓道体験で日本の文化を学ぶ

広島弓道会(広島弓道商会)

インバウンド事業として、広島県立総合体育館弓道場を拠点に一日体験教室を実施。体験されたみなさんは笑顔で満足していただいています。

「弓を引いてみたい「」矢を射ってみたい」。広島弓道会はそんな気持ちに応えられる、弓道体験を提供しています。弓道は自分と向かい合うことで、平常心でいら れる平和な心を養い、神聖な弓矢で邪気を払う幸運の武道、人生をもっと豊かにする武道であると私は思います。高校生の弓道の競技人口は、武道系競技で 最も多く、剣道の1.4倍、柔道の3.0倍※を記録する反面、一般の人が弓道をできる場が少なく、気軽に始めにくいというのが現状と言われています。 弓道歴20年の経験を活かし、礼節を大切にする精神や美しい世界観などといった魅力を伝えたいという思いと「、やってみたいけど、どこでできるの? 道具はど うするの? 」といった声を受け、体験事業を始めました。弓道の敷居を下げ「やってみる 、 」機会を提供すること。 カジュアルに楽しく体験できる場であることが理想です。そして、近年のインバウンド景気に着目し、主に訪日外国人向けの体験を通じた弓道の振興や、インバウ ンド産業の活性化、地域振興などをめざしています。 また、日本人向けの弓道体験の開設を行うことで、 弓道を普及させ、振興させたい。さらには、観る・食べ るといった観光+弓道体験のモデルを確立させ、広島 に新しいExperienceをもたらしたいと考えています。

できること

  • イベントでの弓道体験

求めるつながり

  • イベントの出展依頼
  • 弓道体験施設を開設するための物件提供者
  • インバウンド事業関連の情報をお持ちの方

Information

  • [ADDRESS]広島県安芸郡府中町
  • [TEL] 080-6469-0220
  • [Mail] kinkenji9683@gmail.com
  • ※出典:平成27年度加盟登録状況(全国高等学校体育連盟)より
02

美容業界の福祉環境のQuality Upを広島から!!

福祉の美容室 care beauty nana

  • 中川 由加理
  • NAKAGAWA YUKARI

【My Creative】

  • ふくし「ふだんのくらしをしあわせに」をコンセプトに、高齢の方やハンディのある方が安心して利用できる福祉環境を整えた「みんなの美容室」づくりの推進
福祉の美容室 care beauty nana

美容業界の福祉環境のQuality Upを自ら試みたい!と思い、介護士から美容師となった介護目線の美容師(care beauty)。2016年、高齢の方、ハンディのある方優先の完全予約制・個別対応の美容室OPEN。

美容業界のさらなるユニバーサル化と整容をサポート

福祉の美容室 care beauty nana

福祉の美容室 care beauty nana

nanaでは、車いすでも安心して利用できる広いトイレも完備しています!

もしも、あなたやあなたのご家族が、車いすが必要な生活になったら…どこの美容室へ行きますか?どうやって美容室を探しますか? 高齢の方やハンディのある方にとって、今の日本は本当に生活しやすい社会なのか? 元気だから気付きにくい何かを見落としてないだろうか?そんな思いから介護の現場で培った経験を生かし、 美容業界のさらなるユニバーサル化をめざして、“care beauty nana”(以下nana)は誕生しました。 nanaは、ふくし「ふだんのくらしをしあわせに」をコンセプトとした福祉の美容室です。事業の内容は、①暮らしの中にある美容室が、もっともっとみんなが安心して利用できるよう、美容室の福祉環境を整えた『みんなの美容室』づくりの推進。nanaは『みんなの美容室』の第1号店です。そして、その他として②施設訪問美容③ご自宅訪問美容の3つを行っています。訪問美容では、nanaの由来である『整容(身だしなみを整えること)』を大切にしています。みなさん、日常生活で朝出かける前の7(nana)時台に顔を洗ったり、髪を整えたりしていませんか?そう、整容は生活へメリハリをつけたり、体や心へ刺激を与える『生活習慣スイッチ』とnanaでは考えています。 また、今後は美容室の福祉用品開発や、人材の育成にも取り組んでいくことを考えています。

できること

  • 福祉の美容室nanaでの美容
  • 施設訪問美容
  • ご自宅訪問美容

求めるつながり

  • 広報活動に協力いただける方
  • nanaの訪問美容に興味のある方
  • 『みんなの美容室』づくりに興味のある方
  • 美容室の福祉用品開発に協力いただける方

Information

  • ADDRESS]広島県広島市安佐北区安佐町筒瀬1246-2
  • [TEL] 090-4107-2536
  • [FAX] 082-838-1231
  • [Mail] nana2536@outlook.jp
03

害獣駆除問題を経済活動に

株式会社Forema

  • 小泉 靖宜
  • KOIZUMI YASUNOBU

【My Creative】

  • 害獣として駆除された野生動物をペット用の食材として活用し、新たな定期宅配サービスで提供
株式会社Forema

2010年に害獣問題の研究・取組を開始後、2017年に株式会社Forema設立。2018年にペット用国産ジビエの定期宅配サービスを開始。

日本の自然と山林を愛し、害獣駆除問題を経済活動に転換する。

株式会社Forema

株式会社Forema

新鮮なお肉を与えることで体調も良くなったとの声をいただきます。

株式会社Foremaは、害獣として駆除された野生動物を食材として活用する仕組みづくりを行っています。  現在日本では、農作物を荒らす「獣害」という理由から多くの野生動物が駆除されています。 その数は年間約80万頭で推移しており、犬・猫の殺処分の10倍※にも相当します。 そんな野生動物の命をせめて食材として活用することができたなら、自然界の摂理に少しでも寄り添えるのではないか。 「無益な殺生を有益な経済活動に」というスローガンを掲げ、ビジネスを通じて環境問題に取り組み、 経済活動がそのまま自然保護につながることをめざしています。 Foremaが展開する事業の一つ、ペット用国産ジビエの定期宅配サービス「ペットさん定期便」は、 駆除された鹿・猪の肉をペット用の食材としてお届けするサービスです。ペットの滋養強壮・食欲増・健康管理につながる、 完全無添加で栄養価が高いジビエ肉の安定供給を実現したと考えています。獣医師の方にも認められ、 多くのペットオーナーの需要に応えています。 Foremaはジビエの本質を自然界からの恵み、国内資源の活用と感謝であると捉えています。食材を無駄にせず、野生動物の命を自然界に還すこと。山林の再生や生物多様性の保全への取組を目標とし、Foremaが大きくなることが日本の自然と山林にとってプラスになる、そんな事業体をめざしています。

できること

  • OEM商品の共同開発、販売

求めるつながり

  • AIエンジニア
  • 獣医学関連分野の識者
  • ペットブリーダーやトリマー、その他ペット関連サービスのスペシャリスト

Information

  • [Mail]koizumi@forema.jp
  • ※出典:環境省調べ(平成27年)、動物愛護管理行政事務提要(平成27年)より
04

手帳アプリで「知恵と経験」をシェア

株式会社COEXIST

  • 高柴 行彦
  • TAKASHIBA YUKIHIKO

【My Creative】

  • 目標のある方に向けて、タイムラインで予定と目標を俯瞰できるようにした、新感覚のスケジュール共有アプリの提供
株式会社COEXIST

2010年に株式会社COEXIST設立。iOS向けタスク管理アプリ「Pastlyze」リリース後、2018年に新感覚スケジュール共有アプリ「Pcal−ピーカル−」リリース。

アプリで知識継承のプラットフォーム化に挑む

株式会社COEXIST

株式会社COEXIST

「目標マーケット」では、さまざまなジャンルがあります。今後もさらに増やしていきます。

新感覚スケジュール共有アプリ「Pcal−ピーカル−」は、タイムラインで予定と目標を俯瞰し、目標を整理することができる手帳アプリです。 その特徴は、デバイスで開いてみれば一目瞭然。タイムライン型の縦に長い、今までにない予定表が新しく、縦は時間を、横は目標の重要性を表します。自分のやるべき事柄の重要性とタスクや予定を俯瞰しながら整理でき、目標の順番を切り替えながら優先順位を整理することも。人生の目標・やるべきことをどんどん追加できます。さらには目標ごとにタスクや予定をみんなで共有。やらなければならないことをチームで分担し、目標に向かってタスクを作り、達成していくことができます。 私たちが開発したビジネスモデルである「目標マーケット」は、モノゴトの始まりから終わりをタイムライン化したテンプレートをダウンロードできる場所です。経験値を見える化することで、知識の継承を効率化し、生産性を向上させることができます。 「Pcal−ピーカル−」の未来には様々な可能性が秘められています。コンテンツを提供してくださる方、アプリを活用してくださる企業や個人事業主の方との出会いによって、一緒に広島の経済や地域活動を盛り上げていきたいと考えています。

できること

  • アプリ開発コンサルティング
  • 仕事効率化コンサルティング
  • Webプロモーション

求めるつながり

  • 目標マーケットにコンテンツを提供してくれる方
  • Androidエンジニア
  • ライター

Information

  • [Mail] yt@coexist.or.jp
05

男女のコミュニケーションの溝を埋めて経済の向上をめざす

TONOERU(トノエル)

  • 藤岡 佳子
  • FUJIOKA YOSHIKO

【My Creative】

  • 企業内の男女のコミュニケーションで起こる溝に着目し、コミュニケーションの課題解決に向けた研修によりサポート
TONOERU(トノエル)

携帯電話販売店でマネジメントを経験。出産や専業主婦を経て、個人事業主として女性の創業支援やキャリアアップをサポート。

働きやすく、暮らしやすい広島をめざして

TONOERU(トノエル)

TONOERU(トノエル)

個別指導からセミナーまで対応できます。

「働き方改革」や「女性活躍推進」が叫ばれている今、多くの企業で課題となっているのが「男女のコミュニケーションにおける溝」だと思います。男性の側であれば「女性への指導は難しい」「子育て中の女性社員へのフォローをどうすればいいのかわからない」など、女性の側であれば「職場やパートナー(夫)からの協力が少なく、将来をイメージできない」「仕事をあきらめ、家庭を優先せざるを得ない」などがあり、これらに対して具体的に取り組めず、男女間でのキャリアアップに格差が生まれていると感じています。 TONOERUのコンセプトは、男女のコミュニケーションで起こる溝を埋め、企業の営業力向上と人材育成の効率化を行うこと。セミナーでは、女性思考を活かしたマネジメント研修や女性顧客への思考別アプローチ研修、男女別コミュニケーション研修などを展開している他、企業の環境・状況をヒアリングし、その企業に合った研修を実施しています。企業の負担を改善し、輝く女性を増やすためのプログラムは、女性だけでなく、男性にも寄り添った視点を取り入れています。 TONOERUがめざすのは、男女がサポートし合うキャリアアップによる女性の「雇用率向上」、働き方改革の活用事例による「企業活性化」、仕事を理由に子どもを産むことをあきらめない「少子化対策」です。これらが改善され、働きやすく、暮らしやすい広島にしていきたいと考えています。

できること

  • 「女性の購買決定権」を意識した思考別営業のアプローチについての研修
  • 男女間で起こるコミュニケーションの溝を埋め事業スピードアップに向けた研修
  • 女性社員の採用率を上げたい企業への研修

求めるつながり

  • 男女間で起こるトラブルの実例情報をお持ちの方
  • 男女間で起こるトラブルの際に男性が理解しやすい伝え方に詳しい方
  • 男女間のコミュニケーショントラブルを抱える業種・企業

Information

  • [TEL] 090-8993-2000
  • [Mail]info@tonoeru.com
06

子供たちの夢とCSR導入を考える企業のマッチング

子供スポンサー運営事務局

  • 藤田 慎也
  • FUJITA SHINYA

【My Creative】

  • 子供たちの夢とスポンサーとなる企業をマッチングする新たな仕組みで、子供たちの夢を応援
子供スポンサー運営事務局

2013年、夢に向かうためのスタートラインについて考え始める。プロジェクト専用SNSを開発後、2018年に事務所設立。

誇らしげな子供たちの笑顔と企業の熱量が答え!

子供スポンサー運営事務局

子供スポンサー運営事務局

子供たちの夢と企業をつなぐ架け橋となるため、日々活動する藤田さん。

子供スポンサープロジェクトは、子供たちの夢とCSRの導入を考える企業の架け橋となり、社会全体で子供を育てるという理念で活動しています。スポンサー契約金として企業から支払われた活動費によって、子供たちがスポーツできるというプロジェクトで、契約中、子供たちはスポンサー企業のワッペンを着け、スポーツをがんばります。 子供スポンサー契約は「子供」と「企業」の対等な契約です。家族以外に応援してくれる人がいる!だから子供たちはワッペンを誇りに思うと同時に、「自信」「感謝の心」「社会を感じること」を学ぶのです。契約が成立した企業から「スタッフ全員でワッペンのデザインを考えている」と連絡があり、社内の熱量が伝わってきました。また、契約が成立した子供の親からは「我が子に自分以外のスポンサーがつくなんて夢のよう」とメールをいただきました。この子供にとっては忘れられない企業になるのです。 応援してもらった子供は、がんばっている人を応援する人へと成長します。心のリレーは広島から全国へ、世界へ、銀河へと、どこまでもつながっていきます!次世代の子供たちのためにできること、日常を変える力を現代の大人が見せてあげようではないですか。

できること

  • 可視化されたCSR導入方法の提案
  • スポンサーを募るクラブチームの紹介

求めるつながり

  • イベント運営をしている方
  • 一緒に事業を広めてくださる広告代理店の方
  • 子供スポンサープロジェクトのオフィシャルスポンサー企業
  • 宣伝枠を無料または安価にて提供いただけるメディアの方

Information

  • [住所] 広島市南区京橋町1-7アスティ広島京橋ビルディング2F218
  • [TEL] 080-6265-5000(直通)/082-577-6000(代・FAX兼)
  • [Mail]fshinya.8@gmail.com
07

宗教とテクノロジーの融合

サイバー南無南無

  • 河野 円
  • KOHNO MADOKA

【My Creative】

  • 現代人に向けて、映像表現を駆使した彩り豊かな映像と、リズミカルな旋律にのせた新しい切り口で、お寺でもインターネット上でも宗教を伝える
サイバー南無南無

宗教にテクノロジーを取り入れることによって興味を持ち、「生きる」ことを考えるきっかけになってほしいという思いから2018年に活動開始。

場所にとらわれず、お寺へ行くような感覚で

サイバー南無南無

サイバー南無南無

イベントへ向けての調整中。日々、表現が進化していっています。

自分たちの活動が「誰かのため」になり、共に生きることへの励みになれたら…。そんな思いのもと、宗教とテクノロジーという、全く異なるものを融合させることで新たな世界観を表現しているのが「サイバー南無南無」です。 奈良時代、和ろうそくや雅楽などは最先端の表現方法でした。今、映像分野の最先端といえば、プロジェクションマッピングやLED照明のような表現方法があります。元はといえば、お経も仏様の教えを歌やリズムに乗せて、聴く人に伝えるためのもの。「サイバー南無南無」は現代の映像表現を駆使しながら、旋律にのせて伝えます。 時代の変化に伴ってお寺のあり方や取組も変化しています。過渡期にある今、「サイバー南無南無」は仏教というコンテンツを新しい切り口で伝えます。それは必ずしもお寺という特定の場所だけでなく、インターネット上であることも可能です。自分と誰かをつなぐエンターテイメントであり、お経をLIVE感覚で視聴できるコンテンツ。彩り豊かな映像とリズミカルなお経を聴くことで、自分自身を見つめたり、「生きる」ことを感じてもらいたいというのが「サイバー南無南無」の願いです。

できること

  • 映像制作(企業案内・教育用動画・イベント用動画)
  • イベント企画・運営

求めるつながり

  • サイバー南無南無に投資してくださる方
  • ネットワーク構築に強い方
  • 営業してくださる方

Information

  • [Mail]madoka@peace-film.net
08

農業・食・健康から「今」を考える

株式会社西日本メディカル 瀬戸内まいふぁーむ

  • 高内 実
  • TAKAUCHI MINORU

【My Creative】

  • 自然栽培での米作り・野菜作りに取り組んだ経験をもとに、現代人に向けて、「主食による健康維持」への啓発活動を推進
株式会社西日本メディカル 瀬戸内まいふぁーむ

自然栽培農作物の販売と啓発活動に取り組む。2017年、ドラッグストアに「瀬戸内まいふぁーむ」のコーナーを設置。

現代人の食生活に「主食による健康維持」を。

株式会社西日本メディカル 瀬戸内まいふぁーむ

株式会社西日本メディカル 瀬戸内まいふぁーむ

無農薬だから、蜘蛛やトンボなどの虫が生息できる自然栽培の田んぼ。蜘蛛の巣がたくさんはった田んぼでは、稲に悪影響を及ぼす害虫たちから蜘蛛が稲を守ってくれます!

株式会社西日本メディカル 瀬戸内まいふぁーむ

自然栽培による「おいしい恵み」は、食べることによって得られる感動だけでなく、私たちの体そのものにとっても「おいしい恵み」となるとの考えのもと、「瀬戸内まいふぁーむ事業部」は、「越中富山の置き薬」でお馴染みの配置売薬を本業とする株式会社西日本メディカルがスタートさせたサービス。薬やサプリメントではなく、お米のような「主食」による健康維持をめざし、自然栽培素材の販売や普及、啓発活動に取り組んでいます。 例えば発芽酵素玄米は、栄養価が高く、おいしく続けられる健康食として広まりつつあります。「瀬戸内まいふぁーむ事業部」では、しっかりと発芽させた自然栽培の発芽酵素玄米をお届けしています。 これまでは、「農業=食=健康」という考えから、自然栽培での米作り・野菜作りに取り組み、その経験をもとにした「主食による健康維持」の啓発活動を推進。仕入先の増大や販売先の固定化、ブランディング、プレスリリースを進めてきました。特に、「自然栽培の聖地」ともいわれるJAはくいとの取組では、全国の自然栽培農家に対し、存在感を示すことができました。 今後は、行政や福祉関係機関・教育機関での啓発活動や、老人ホーム・介護施設・病院などでの自然栽培農作物のアピール、自然栽培農業の普及と食育環境の整備に取り組み、業務拡大をめざします。

できること

  • 食養生・自然栽培にまつわる講演
  • 味噌づくり教室、自然栽培塾などの講師

Information

  • [TEL]090-7997-7075
  • [Mail]m.takauchi@nms.ihmg.jp
  • ※ここでいう自然栽培とは、無農薬・無肥料・無除草剤で作物を栽培する農法のことをいいます。
09

未来の子供たちのために今できること

一般社団法人山本キッズ育成協会

  • 上原 通弘
  • UEHARA MICHIHIRO

【My Creative】

  • 子供たちを取り巻く地域社会での保護者や子供の悩みに応えて、地域に密着したスポーツ活動で青少年を育成

L.ミドル級全日本チャンピオン(1996年)。シドニーオリンピック・ナショナルチーム強化選手兼コーチ補助。2018年、育成協会を設立。

地域に密着したスポーツ活動を通して青少年を育成

一般社団法人山本キッズ育成協会

一般社団法人山本キッズ育成協会

毎週水曜日17:15から行っているキッズボクシング。ケガのない身体づくりとしての体幹トレーニングも満載!

山本キッズ育成協会は、子供たちの健全育成と多様競技トップアスリートの育成、文武両道による豊かな人間性の育成をめざしています。小学生以上のキッズボクシングと、3歳以上のプレイキッズを主な活動とし、ストレッチや体幹トレーニングなどのプログラムを組み、ケガのない身体づくりを基本としながら、子供たちが将来どんなスポーツを選んでも対応できる能力が身に付きます。また、低学年から高学年までが一緒になって練習することで、リーダーシップ力やコミュニケーション力を養えます。キッズボクシングのミーティングでは、いじめ問題や道徳、礼儀礼節などを学ぶこともあります。 子供たちを取り巻く地域社会には様々な課題があります。月謝料が高くて習い事に通わせられないといった保護者の悩み、引っ込み思案で自分をうまく表現できない子供、習い事を子供が自ら楽しめず継続できないなど、そんな声に応えられる場でありたい。活動を通して地域に貢献したいと考えています。山本キッズ育成協会が地域を元気にし、その元気が広島全体に広がること。そして、広島からトップアスリートが生まれることを願い、日々取り組んでいます。

求めるつながり

  • ボランティアコーチ
  • 新たな活動施設の物件情報をお持ちの方

Information

  • [Mail]king.bonmi9@gmail.com
10

生きる希望をなくした人にメッセージを届けたい

社会投資家

  • 土居 徹信
  • DOI TETSUNOBU

【My Creative】

  • 一人で悩んでいるかもしれない誰かのために、自らの苦難の連続の人生経験を通したメッセージを発信

30歳で起業後、社会的な成功を得るも闘病生活など多くの苦難を受ける。現在はFMパーソナリティ、障害者支援などに取り組む。

あきらめるな!!!ただそれだけ…

社会投資家

社会投資家

土居さんのトレードマークであり、相棒でもある義足と一緒に!

これまで、三度生死を彷徨う体験をして参りました。身体中メスが入り、左足もありません。それ以外にも人生終わったなと思った苦しい経験もありました。ただそれでもこうして私は生きております。生かして頂いているという方が正しいでしょうか。 そんな中、私が今強く抱いている気持ち、それは増え続ける自分の命を自分で奪う人たちへの言葉にできない憂いです。大切な命、捨てちゃいかん!あきらめちゃいかん!私は人間不信に陥り、世の中全ての人を憎んだこともあります。ただ、結果人に助けられてきました。だから、私も誰かを助けたいのです。人のために生きたいのです。 ラジオ番組のパーソナリティを務めながら、自分の思いをFacebookで発信し続けた結果、短期間でフォロワーが増えました。それだけ必要とされていることを知り、より強い使命感を抱いています。 「とにかくあきらめちゃいけん!!!!」 ということを伝えていくために、今後の活動として、ホームページ作成や講演などを行い、私が生きている姿を見てもらうことで、日本のどこかで、一人で悩んでいるかもしれない誰かの勇気になれたらと考えています。

できること

  • 講演

求めるつながり

  • お話ができる場所や講演依頼をしてくださる方
  • 活動に賛同し、各都道府県の窓口になっていただける方

Information

  • [住所] 広島市中区立町6-1立町ウィング1F
  • [Mail]cocorotoproduction@gmail.com